仮想通貨市場はICOからIEOに完全シフト

仮想通貨市場はICOからIEOに完全シフト

オンチェーン・キャピタルの創業者が開示したブロックチェーン系プロジェクトの資金調達統計最新版によりますと、すでに2018年後半から激減してしまったICO案件は2019年さらに調達額が減少して件数のみならず資金調達という視点ではすてに完全に終焉を迎えていることが見えてきています。

ICOをあきらめた多くのプレーヤーが今度はIEO,イニシャルエクスチェンジオファリングの方にシフトして特定の取引所を利用して資金調達とする方向に動くという状況が顕在化しているようです。

たしかに人気で規模の大きい取引所に依存したほうが簡単に資金調達ができるという判断が強まっているのでしょう。

米国ではすでにICOを果たしたいくつかの案件に対してSEC・証券取引委員会が有価証券であるとして提訴するようになっており、仮想通貨取引所も米国でのICOで登場したアルトコインの売買を停止するというかなり慎重な動きがではじめています。

そもそもICOのどこからが完全なIPO的なものになるのかという当局の判断が今一つ明確でないこともこうした消極的な動きになるのかもしれませんが、冷静に見ますとIEOであっても同様の問題は生じることになり、ここからは資金調達のためのICOに対して金融当局がさらに厳しい評価を下すことになりそうです。

ICOの場合短期間に非常にブームとなったわけですが、その一方であまりにも詐欺的な事案も多く、最初から詐欺を目的として本来のICOのスキームを使う前に問題を起こしたケースが驚くほど多かったのも一気に衰退する局面へとつながっているように思われます。

いずれにしてもいきなりブームがやってきてそのあとまた一気に廃れるという雰囲気は決して仮想通貨にプラスに働くものではなく、より骨太な市場を形成するために動きを強めてほしいものだと思う次第です。

足元ではビットコインの価格が大きく上昇し市場に新たに参加するトレーダーも非常に増えており、かなりいいセンチメントになってきているだけにこの雰囲気をぶちこわしにしない環境づくりが重要になってきています。

また既存の資本市場からの資金の逃避先としての地位が確立することになれば仮想通貨の動きにも大きな変化がみられるだけにこれからの市場の動向が注目されます。

すでに仮想通貨はICOという枠組みを超えたものになろうとしていることが期待されるところです。